恒温恒室クリーンルーム

恒温恒室クリーンルーム

加湿器が無いのに湿度を管理できるわけ

そのわけは・・・
冷却した水と循環空気を十分に接触させる事により、 加湿された低温の飽和に近い湿り空気を作ります。 それを再加熱する事により、目的の温度と相対湿度を コ ントロールします。自然の物性原理である飽和空気での絶対湿度の制御なので、シンプルで安定性に絶大な信頼があります。ホクト総研では、この原理を利用した露点飽和散水システムを取り入れた恒温恒湿室をご提供しております。

露点飽和散水システムを利用した恒温恒室クリーンルーム

群を抜いた省エネルギー性

ランニングコストを画期的に抑えることができました。精密空調では一般的な均衡直膨システム比べ、約40%~50%の省エネ効果があります(当社比)。理由は、加湿器が不要・冷凍機の稼働率が低い・過冷却がなく再熱エネルギーが小さい等があげられます。

メンテナンスが容易

加湿器のメンテナンスで苦労した方は多いのではないでしょうか。沸騰させて加湿するタイプではどうしても水の不純物が固形化し、その対策が大変です。加湿 器を使わない露点飽和散水システムではその苦労から解放されます。純水器・軟水器も不要で、水道水をそのままご使用頂けます。

温湿度の安定性が高い

温湿度コントロールに使用する水は、冷却媒体として比熱が大きく、一度安定すると容易に乱れることはありません。再熱ヒーターをPID制御することで非常に高い温湿度の安定性が低コストで得られます。

耐久性が大きい

主要部品はステンレス製で耐久性が高く、消耗部品を交換することで長期間高精度空調をベストの状態にお使いいただけます。水冷却を媒体にしているため、負荷が安定し冷凍機の寿命も長くなります。

アフターコストが極めて少ない

シンプルな構造で穏やかな稼動なので、装置の負担が小さく故障を少なく押さえることができます。月に一度程度の水交換と、数年に一度、充填材の交換をする程度で充分機能を保持できます。

システムによるコスト比較表